AWS

AWSでアカウントを取得したら最初にすべき対策まとめ

AWSは簡単に利用を開始できるパブリッククラウドサービスです。使い勝手の高さから新しくAWSを契約し、システムのテストや運用に使っている人は多いでしょう。 クイックに導入できる点は魅力ですが…続きを読む

5G時代を活かすAWS Wavelengthとは

近年は5Gが急激に注目されています。まだまだ普及しているとはいえない状況ですが、個人で利用するスマートフォンなども5Gに対応し身近になっています。 今回はAWSで5Gを活かすために「AWS …続きを読む

AWS BackupがVMwareへ対応!さらに便利に

2021年のre:Invent 2021では、AWS BackupにVMwareが追加されたと発表されました。VMwareといえば世界中で利用されている仮想化アプリケーションであるため、今回…続きを読む

クラウドの監視と保守とは?業務の違いも解説

クラウドでシステムやWEBサービスを導入、設置した後は「監視・保守」が必須です。システムなどの安定稼働を目指すためは、導入して放置するのではなく監視や保守に移行しなければなりません。 しかし…続きを読む

オンプレミスからAWSへの移行で押さえておきたいツールまとめ

近年はオンプレミスからAWSなどクラウドへの移行が増えています。一昔前はオンプレミスでサーバーを構築するのが当たり前でしたが、現在はクラウドの利用が主流になっているのです。 クラウドが主流に…続きを読む

SSMのPatch Managerを利用したEC2への自動パッチ適用

EC2でWindows OSを動作させていると、意識しなければならないのはパッチ適用です。標準ではパッチ適用されませんので、セキュリティ担保のためにも意識的に適用作業が必要です。 ただ、「パ…続きを読む

Amazon DevOps Guruの機械学習を活用して運用改善

Amazon DevOps Guruは2020年のre:Inventでアナウンスされ、2021年5月に公開が開始されたサービスです。DevOpsをサポートするサービスとしてアナウンス時から注…続きを読む

AWS Security Hubで情報を集約!セキュリティ情報は一元管理する時代へ

AWS Security Hubは、AWS内のセキュリティ状況をチェックしたり、ベストプラクティスに適しているかを評価したりしてくれるツールです。AWSのセキュリティ対策の一環として、AWS…続きを読む

CloudWatchの新機能「Resource Health」EC2の状態を視覚的に把握

AWSのリソース状態などを管理できるサービスに「CloudWatch」があります。AWSの利用者ならば必ず利用しているサービスと言っても過言ではないでしょう。 このCloudWatchは日々…続きを読む

コスト算出が事前にできる「Azure・AWS・GCPの見積もりツール」

Azure・AWS・GCPそれぞれに見積もりツールがあります。これらを利用すると、実際にクラウドサービスを利用した際にどの程度の費用が必要となるのかが見積もりできます。つまり、ランニングコス…続きを読む

ホスト障害ではなくアプリ障害を自動復旧するためのtips

AWSのEC2インスタンスはホスト障害が起きるとAuto Recoveryと呼ばれる機能で自動的に復旧可能です。しかし、ホスト障害ではなくアプリケーション障害が起きた場合は、自動的に復旧する…続きを読む

Azure・AWS・GCPの違いは?最低限知っておきたい特徴を解説

世界中で幅広く利用されているパブリッククラウドに Azure・AWS・GCP が挙げられます。「クラウド」と言えばこれらのどれかに該当するケースが大半です。そして、それぞれに特徴がありますの…続きを読む

EC2物理ホストの障害を自動復旧するためのAuto Recovery

AWSでシステムを運用するにあたり、システムの可用性は重要視すべき部分です。クラウドを利用すれば自動的に可用性が高まるのではなく、可用性が高まるような設計や設定が必要です。 そのような可用性…続きを読む

クラウド時代の運用監視 Zabbixなどレガシーから最新トレンドまで

すべてのシステムがクラウドで構築され、リリースまでのスピードが非常に早くなっている昨今ですが、安定稼働を求める上でそれらの運用と監視は欠かせない業務となっています。昔ながらのICMPやSNM…続きを読む

Scroll to top