総合サーバーセキュリティ対策

ウイルス対策・WEBレピュテーション・不正アクセス防止などの機能を
1つにまとめたオールインワン型のソリューション

対応している機能

  • ウイルス対策
  • WEBレピテーション
  • 不正侵入検知・
    防止
  • ファイアウォール
  • セキュリティログの
    監視
  • IDS・IPS

総合サーバーセキュリティ対策の必要性と機能

近年、パソコンなどの端末に行われるランサムウェアやマルウェアなどのサイバー攻撃は急増しています。そのため、パソコンなどの端末向けには数多くのセキュリティ対策ソフトが存在し、セキュリティ対策も行っている企業は多いでしょう。

しかし、サーバーに対してセキュリティ対策を行っていない企業は意外と多く存在します。サーバーがクラウドにあるとしても、クラウド提供事業者がすべてのセキュリティを実施しているわけではありません。実行しているアプリケーション、データ、サーバーOSに対するセキュリティはお客様自身で実行しなければなりません。

サーバーに対しては、その脆弱性やセキュリティホールに対してサイバー攻撃が多く行われますが、それらを防げるのが「総合サーバーセキュリティ対策」です。

「総合サーバーセキュリティ対策」はサーバーセキュリティに必要となる複数の機能を1つにまとめたオールインワン型のソリューションです。
「総合サーバーセキュリティ対策」を行うことで、リアルタイムにウイルスを検索して駆除してくれるといった基本的な「ウイルス対策」をしてくれる他、不正なURLへの接続を阻止してくれる「WEBレピュテーション」、DoS攻撃やDDoS攻撃などの不正アクセスを防いでくれる「ファイアウォール」といった機能により、サーバーに対するサイバー攻撃を防いでくれます。

また、サーバーの脆弱性を悪用した不正アクセスなどの攻撃を防ぐために、「IDS」と「IPS」も備わっています。IDSはサーバーを監視し不正な侵入を検知してくれるシステムです。それに加えて、IPSでは異常な通信を検知したら、不正な侵入を防いでくれるシステムです。「ファイアウォール」だけでは防げない不正アクセスには有効なシステムです。

そのほか、OSやファイル、レジストリなどの変更を監視する「変更監視」や、OSやミドルウェアなどのセキュリティインシデントを早期に発見する「セキュリティログ監視」といった監視機能も持ちます。

「総合サーバーセキュリティ対策」は、このようなサイバー攻撃に対して特定から防御、検知、対応まで行い、速やかなサーバーの復旧を実現します。

近年ではサイトが改ざんされカード情報が漏えいするなど、サーバーの脆弱性やセキュリティホールを狙ったサイバー攻撃は増えるばかりです。クラウドサーバーを活用している企業にとってサーバーに対するセキュリティ対策は今や必須だと言えるでしょう。

[料金]

内容により異なりますので、メール・お電話にてお問い合わせください

お申し込みの流れ

  • お問い合わせ

    電話・メールにてご連絡ください

  • 担当者からご連絡

    ご希望やご予算などをヒアリングします

  • 契約

    納得いただければ契約を交わします

  • 導入

    お客様の環境をお聞きし、必要な資料を提出いただきます

  • サービス開始

    ジードのスタッフが運用の対応を行います

お問い合わせ・お見積もりのご依頼はお気軽に

  • 24時間受付けております メールでお問い合わせ
  • 受付:月〜金曜/9:00~18:00(土日祝除く) 電話:028-610-7555
トップへ戻る