お知らせ

安全なパスワードについて考えよう!

 先日、セキュリティサービスなどを提供している米国SplashData社から、

 「最も人気があり安全性の低いパスワード」のランキングが発表されました。

 ■「2019年の25個の最悪のパスワード、およびパスワードセキュリティを
  改善するための8つのヒント」
https://translate.google.com/translate?sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.csoonline.com%2Farticle%2F3526408%2Fthe-25-worst-passwords-of-2019-and-8-tips-for-improving-password-security.amp.html

  このリストは、Splash社によるインターネット上で漏洩した数百万の

 パスワードの分析に基づいています。

  記事によると、多くの従業員が未だに “123456”, “password” などの

 安全性の低いパスワードを使っていることが指摘されています。

  しかも、その傾向は数年間変わっていないというのです。

  インターネットが世の中を便利にしていく一方で、サイバー攻撃への

 対策の重要性は日に日に増しています。

  そのため、従業員一人一人が情報漏洩を防ぐための意識を持つことが

 必要です。

  パスワードを決める際には、英大文字, 英小文字, 数字・記号を含める

 とよいでしょう。

  それに加えて、企業もセキュリティ教育への投資や啓蒙活動をしていく

 ことが重要になります。

お知らせ